★現在のELACの最新技術の集大成とも言える革新的なドライバー“VX-JET”を搭載した「FS509VX-JET」。そのパフォーマンスの素晴らしさは誰もが認める所ではありましたが、220mmのドライバーを2基備える「FS509VX-JET」がどなたにでもお勧めできるサイズとは言えなかったのもまた事実です。「FS507VX-JET」は、「FS509VX-JET」で開発された全ての新技術を完全に踏襲し、サイズダウンだけを実現したまさに「本命」と言える製品です。そのサウンドの素晴らしさ、その美しさ、そして設置性の高さ。現在のスピーカーに必要とされる全ての要素を兼ね備えた傑作スピーカーの誕生です。また240LINEから始まった「再生環境に左右されないパフォーマンスの披露」をよりスムーズに、そしてより簡単に、そしてより完璧に行える新機構をも搭載しています。

◆New VX-JET革新的な機構を持つドライバー・ユニットの誕生です。この新しいドライバーは、現行の600 LINEに採用されているX-JET COAXを基礎にしています。JETトィータと平面振動板ミッドレンジ・ドライバーを同軸上に組み合わせ、400Hz~50000Hzまでの広帯域を点音源で再生することが出来る画期的なドライバー・ユニットX-JET COAX。そこに加えられたテクノロジーは、ルーム・アコースティックとマッチングを図るという極めてユニークなアイディアに基づいています。
スピーカーのリア・バッフルにある調整ノブは、VX-JETの振動板のポジションを前方8mm/後方8mm移動することが可能で、これは高域と中域の指向性パターンを任意に調整することを目的としています。その結果スピーカー自体の音を変えることなく、リスニング・ポジションにおける直接音と反射音との比率を変化させることが出来るのです。VX-JETを搭載したFS 50 VX-JETは、あらゆる環境にフィットするアクティブ・コントロールを備えた初めてのスピーカーシステムなのです。
■RED:ダイレクト音 ■GREEN: ダイレクト音と反射音の自然なバランス ■BLUE:反射音
○VX-JET後方ポジション
リスニング・ポジションで反射音が多い場合。VX-JETの位置をバッフル後方へ移動することにより改善する事ができます。多すぎる反射音は、部屋の壁、床が硬い素材の場合や、スピーカーとリスニング・ポジションが非常に離れている場合に発生します。
○VX-JETノーマル・ポジション
リスニング・ポジションでの反射音が適正な場合、VX-JETの位置をノーマル・ポジションに設定します。
○VX-JET前方ポジション
リスニング・ポジションで反射音が少なすぎる場合、VX-JETをバッフル前方へ移動することにより改善する事ができます。少なすぎる反射音は、部屋に多くの吸収物がある場合や、スピーカーとリスニング・ポジションが近すぎる場合に発生します。
◆New AS-XR 180mm Driver
実績を重ね証明されたクリスタルライン振動板の高剛性と低歪み。長年小口径にこだわってきたELACは、新たな技術を礎に180mm口径ドライバー・ユニットを完成させました。ロング・ストローク・モーションのダブル・ウーハーから生み出されるクリアでマッシブな低音はELACの新しいトレンドを強く印象づけるもので、ELACとして初めての堅牢なアルミ・ダイキャスト・フレームが採用されています。
◆ハイグレード・ネットワーク
ユニットの全てを自社内で設計生産出来るELACにとって、ネットワーク回路は無理のないシンプルな設計が理念です。そしてそこに高品位パーツを奢ることで、ドライバー・ユニットのポテンシャルは最大限に活かされます。ハイグレード・フィルムコンデンサ、ハイパワー・エア・コイル(空芯コイル)などの採用は、搭載された高性能ドライバー・ユニットのことを考えるならばごく自然なことなのです。
◆ニュー・クロス・フレーム・キャビネット
クロス・フレーム・キャビネット。多くの製品設計の中で進化したこの技術は、ELACのスピーカーにとって音質を決定づける大きな役割を担っています。FS 507VX-JETのキャビネットを設計する段階で、ELACはそのフレーム構造を一から見直しました。全体のサイズ、ユニットの取り付け位置、バスレフ・ポートの位置など、徹底的な解析を行い最適なクロス・フレームの設計を行ったのです。容量を犠牲にして強度を上げる方法は沢山ありますが、それでは豊かで伸びやかな低音、美しい中高音を再現するのが難しくなります。クロス・フレーム最大の利点は、キャビネットの空間容量を減らすことなく強度をアップ出来ることです。ELACのプロフェッショナルでクレバーな仕事がここにも存在しています。
■ 仕 様 ■
形式: 3.5ウェイ・バスレフ型
ユニット: VX-JET COAX×1、180mm AS-XR CONE×2
能率: 89dB
インピーダンス: 4Ω
周波数特性: 26~50000Hz
クロスオーバー周波数: 180/550/2700Hz
最大入力: 300W
サイズ: (W)280x(H)1200x(D)413mm(ベース部/アジャスト・ノブ部含む)
重量: 30kg
仕上げ: ハイグロス・ブラック
付属品:ハイ・ディフィニッション・スパイク/インシュレーター、バンデンハル製高品位ジャンパー・ケーブル
  •